ホーム > 製品&サービス > 傾斜掘削・LWDサービス >

MWDサービス

MWD (Measurement While Drilling) ツールの主な役割は、坑芯の傾斜方位測定とMWDなどの坑内機器からの情報を地上へ送信することです。MWDによる傾斜方位測定を用いることで、傾斜方位測定に要する時間を短縮しながら、計画坑跡に沿って目標までより正確に掘進することが可能となりました。また、リアルタイムで得られる坑内機器の情報は、時として迅速かつ適切な判断が求められる掘削現場において、生産性の高い坑井を安全に掘削するために重要な情報となります。

  • MWDツールス
     
  • TeleScope -大容量LWDデータ転送を可能にする高速通信
    傾斜方位測定、ガンマ検層、坑内ビット荷重&トルク、アニュラス圧力・温度測定。
     
  • SlimPulse -ワイヤーライン回収可能で幅広い流量に対応
    傾斜方位測定、ガンマ検層。
     
  • XEM -掘削流体の制限を受けない電磁波式MWD
    傾斜方位測定、ガンマ検層、ストリング内/アニュラスの圧力測定。
     
  • ImPulse -比抵抗LWDを統合したスリムホール用MWD
    傾斜方位測定、ガンマ検層、比抵抗(インダクション)検層。
     
  • GyroPulse -ジャイロによる傾斜方位測定
    傾斜方位測定(地磁気)、傾斜方位測定(ジャイロ)。
     

Schlumberger K.K. All Rights Reserved. https://jp.slb.com/