Reservoir Testing

坑井試験関連サービス

坑井試験(Well Testing)は試掘井や生産井、あるいはフラクチャリング後のフローバックなど、さまざまなタイプの坑井に対して油やガスを生産する能力を確認し、貯留層評価の精度を向上させます。

坑内または地表で生産性・流体特性・組成・流量・圧力・温度といった重要なパラメータに対する情報を提供し、より正確な埋蔵量の計算や油・ガスの回収率の最大化に貢献します。

Remote operations
Surface and production testing

Surface Testing

地表での坑井試験は、動的な条件下で真の貯留層の可能性をフルスケールで評価できる唯一の技術です。また、クリーンアップやコミッショニングの際に坑井の能力を検証し、より良いフィールドマネジメントのために貯留層のモニタリングを行います。

シュルンベルジェは、探鉱・評価作業から開発・生産キャンペーンに至るまで、さまざまな種類の坑井試験装置を用意しています。複雑な条件や難しい環境下で最も厳しいHSE規制を満たしながら、フィールド開発の各段階で正確で信頼性の高い測定値を取得する技術と専門知識を有しています。

Downhole Testing

1926年に最初のドリルステムテスト(DST)を実施して以来、お客様がテスト目的を経済的に達成するためのダウンホールテストを実施してきました。シュルンベルジェのダウンホール試験技術は、貯留層の圧力・浸透率・スキン・生産能力に対し正確な情報を提供します。

難しい坑井条件であっても正確なダウンホール圧力測定を実施でき、また柔軟なツールデザインにより一回のテストで複数のゾーンから貯留層の情報を得ることができるため、リグタイムを節約し貯留層モデルの迅速なアップデートを可能にします。

Illustration depicting downhole reservoir testing tools.
at rig site running Quartet into the hole

Reservoir Sampling

貯留層の岩石や流体を分析するためのサンプリング・センターのグローバル・ネットワークにより、お客様の仕上げや生産に関する意思決定を最適化に貢献します。

シュルンベルジェのサンプリングおよび分析サービスは、水銀を使用しない貯留層流体の採取・坑井での分析・サンプル管理・岩石および流体のラボ試験サービスなど、業界をリードする技術を提供し、在来型および非在来型の開発における新たな知見を提供します。

資料のご請求・お問い合わせはこちら
製品・サービスの詳細についてのご照会や資料のご請求など、お気軽にお問い合わせください。弊社担当者からご連絡させていただきます。
お問い合わせフォーム(別ウィンドウ)

Share