Wellbore Solutions

坑井データを中心とした解析ソリューション

リアルタイムや既存の複数坑井データ、及びコアデータを統合し解析することで、より高度な地下の地層評価を行います。

Multidiscipline workflows
坑井でのペトロフィジックス、地質、地球物理、ジオメカニクス、油層・生産工学や掘削など複数の分野を網羅するワークフローを提供します。
From data viewer, quick look, to advanced processing
データビューワーやクイックルックからWireline/LWD検層の処理まで、ビジネスニーズに柔軟に対応します。
Proven Real-Time solution
操業現場のリアルタイムデータの可視化と解釈により素早い意思決定を促進します。

Techlog Wellbore Software Platform 

坑井でのWirelineやLWD検層、コアラボ(コアと呼ばれる岩石サンプルを分析する実験室)から得られたデータをTechlogプラットフォームに集約することで、ペトロフィジックス、地質、地球物理、ジオメカニクス、油層・生産工学や掘削など複数の分野を網羅するワークフローを構築し、多角的な地層評価を行うことができます。シュルンベルジェの油田サービスにより取得されたデータはもとより、Techlogの多くのワークフローではベンダー中立の解析手法が提供され、他社サービスのデータにも対応しています。

既存機能はPython及びOcean pluginにより拡張可能です。

1次元で詳細に解析されたデータはPetrelに取り込むことにより3次元にアップスケールされ、またPetrelで規定された3次元構造をTechlogに取り込むことにより1次元での解析を補完します。

GPSAEngineering Data Bookより
SOFCのプロセスモデリング例

データビューワーやクイックルックから検層データ処理まで

プロジェクトの各フェーズごとに異なる様々なビジネス課題に対して柔軟なソリューションを提供します。データの閲覧のみ、あるいは孔隙率や水飽和率などの基本的な貯留層属性計算のクイックルック、より詳細にデータ処理の各変数の検討などデータ解析の深さに応じたモジュールの組み合わせが可能です。また、裸坑 (Open Hole)・ケーシング坑井 (Cased Hole) などの検層データに対するワークフローにより、プロジェクトのフェーズごとに最適な解析アプローチをとることが可能です。

リアルタイム掘削・検層データの評価 

掘削・検層操業中の坑井現場から取得されたデータをTechlog内でリアルタイムに自動読込みすることで、リアルタイムデータの可視化やペトロフィジックス解析、掘削データ解釈 (Techlog Drilling Interpretation) などを行い、進行中の操業における意思決定を加速します。

バイオマスからのメタノール製造プロセスモデリング例
資料のご請求・お問い合わせはこちら
製品・サービスの詳細についてのご照会や資料のご請求など、お気軽にお問い合わせください。弊社担当者からご連絡させていただきます。
お問い合わせフォーム(別ウィンドウ) link button arrow