ホーム > 採用情報 > テクノロジーセンター

テクノロジーセンター




製造技術を駆使した、より優れた品質の製造

製造本部の使命は、日本の製造技術を駆使して、より優れた品質の製品を、納期通りに合理的な 価格で納品し、さらに迅速なアフターサービスを提供することです。

石油探査機器の製造は典型的な多品種少量生産型で、しかも高度の技術を要します。したがって 、その使命を達成するために部品調達・生産計画・製造工程管理・品質管理といったあらゆるプ ロセスに、専門のエンジニアが従事しています。高度の技術者集団として現場の要請に対応して いるという点が、一般企業の生産部門との際立った違いと言えるでしょう。


製造本部はSKKの中で最も大きい組織の一つで、中で働く人は、さまざまな仕事に携わっています 。たとえば語学が堪能な人は、アメリカ、フランス、イギリス、オーストラリアといった海外か らの部品の調達を担当したり、電気のバックグラウンドを持っている人は、175℃から200℃とい った高温下でも動作する電子回路の設計およびそれを作るプロセスの確立を担当したりしていま す。

新製品の立ち上げや海外の各センターからの製品の移管、他のアジア地域での加工指導、プロセ スの立ち上げといった製造プロセスに関わる仕事もあれば、過酷な環境下での製品の信頼性を向 上するための評価方法、評価プロセス、製造プロセスの確立といったクオリティ マネジメントを 担当する人もいます。このように、一言で製造部門といってもその中での職種は多岐にわたり、 バイタリティ溢れる職場環境を作り出しています。





より信頼性の高い製品を目指して

製品技術本部のミッションは大きく分けて二つあります。一つは既に製品化された装置の品質と 信頼性を向上させること。もう一つは顧客のニーズに合わせて製品をカスタマイズしたり、ソリ ューションの提案を行うことです。

石油掘削現場で使用される弊社の製品は非常に厳しい条件下での動作が必要とされます。時には 175度以上かつ1400気圧以上という高温高圧下での動作が要求されることもあります。いかに信頼 性の高い製品を開発製造することが他社との差別化になるのです。

また、日々の技術革新により、既存の製品が生産できなくなったり、新しい技術を取り入れる必 要に迫られることがあります。このように数多く存在する既存製品の対応も我々製品技術本部の 大切な仕事です。 製品技術本部の顧客は現場で我々の製品を使用するエンジニア達です。年中無 休24時間体制で操業する現場のエンジニア達をサポートするために、技術サポートヘルプデスク を用意し技術的問題を解決し、現場でのメインテナンスやオペレーションをよりわかりやすくす るために、マニュアルやトレーニングを提供する事も我々の仕事です。また、SKKで生産された製 品は世界の石油天然ガス掘削現場で使用されますが、地域やお客様によって異なった仕様やソリ ューションが必要となる場合があります。そのような顧客要求に応える製品の再設計や特殊条件 下で動作するようなカスタマイズも行なっています。


求められる人材は多種多様

製品技術本部では様々なバックグラウンドを持った人間が働いています。既に製品化されたモノ を扱う為、開発や製造の経験者が沢山いますし、現場出身のエンジニアもいます。新卒で入社し たエンジニアも電気、電子、機械、ソフトウェア、物理といった専門を活かして活躍しています 。もちろんシュルンベルジェの文化である多様性(ダイバーシティ)のもと様々な国籍の従業員 が同じ環境で男女別け隔てなく、力を発揮し、切磋琢磨しています。

ただし、どんな社員でも共通に求められる資質があります。製造技術本部では製品に問題があっ て対応することも沢山ありますが、我々の本来の使命は問題が起る前に品質や信頼性を向上させ 、現場でスムーズにサービスを提供できるように先を見越して積極的に行動することです。個々 の従業員も自ら考え自ら行動できる人間が必要とされています。自分で問題を見つけ、自らその 解決方法を提案できるような人物がシュルンベルジェで活躍できる人です。皆さんも世界を相手 に挑戦してみませんか。

Schlumberger K.K. All Rights Reserved. https://jp.slb.com/